ご飯も食べなくなる

脱腸したら主人が戻し・・・ という行為が続いていました。
外に出たままだと壊死するし感染症にかかる確率も高い。
かなりの頻度で脱腸するようになってしまったアーチはそれこそ、1日10回以上脱腸しては入れ・・を繰り返していました。

でも出てしまった内蔵を元に戻すというのは そのまま吐き気も起こってしまうようで、食べては吐き・・という行為が続き、だんだんアーチが食事を摂らなくなっていき、歩くこともなくなり、声を出すことも無くなりました。

動物が(特に食いしん坊のアーチが)食事をしないということは = 死 の雰囲気が漂い、
毎日、(もう駄目かもしれない・・)という気持ちになっていきました。
世の中で一番大好きな「パン」すら口にしなくなってしまった。

自然治療の病院に連れていった時だけ、なぜか底知れぬパワーを発揮し、いつも歩くことさえままならないのに、じっと立って、先生に診てもらっていました。
「治して欲しい」 アーチの気持ちが伝わる。
「だいぶ痛んでしまったね」と脱腸した部分を診て医師が一言
「内部に戻した方がいいんでしょうか?」と私
「うーん、そうなんだけどねぇ。ここまで痛んじゃうと」と医師 「乾燥しないようにしてもらえれば・・」と医師

では、もう腸は出しっぱなしでオゾンオイル(オゾンガスが含まれているオリーブオイル)をたっぷり塗って生活しようじゃないか!!
リスクはあるけど、これ以上アーチを痛めつけたくないと、ある意味腹をくくった途端。

少しずつ、ご飯を食べるようになり(大好きなパンだけ。本当はパンには色々含まれすぎているので駄目と言われている)、少しずつ、歩けるようになり、 しまいには、声を出すようになった。

今は腸は出っぱなし。 でも散歩もするし、パン以外n野菜主体のご飯も食べる。私たちに甘えてくる。

嘘みたいに元気になり、激減した体重も増減無し。

先生もそんな様子を見て
「この調子なら手術できると思う」と見解を初めておっしゃった。
「今、この子にとってやはり腸が出てしまってるのは不快だから手術してあげる必要はある」
「6月くらいに手術を考えていきましょう」と

よし、それまでアーチの健康管理は完璧に私たち飼い主がやりこなす!!
ガンは体の中で起きる物。外部からきた敵でもなんでもない。
アーチがガン細胞を持ってる犬だとしたら、それも含めて上手につきあっていってあげればいい。

「ガンは痛いのよ」 「安楽死させてあげたら?」
犬を飼ってる飼い主さんまで言われた。
私たちも悩んだ。だけど体がきちんとデトックスされてる状態ではさほど痛みはなく、今のアーチは医師いわく
「筋肉痛のちょっとひどいの」 くらいの痛みだそうだ。
気が狂いそうな痛みをアーチが発するようになってきたとき、私たちはその決断をするべきかもしれない。
でも今は、ガンと一緒に上手くつきあっていく。
それは人間生活でもそんな気がする。嫌な人を排除していくより嫌な人と上手くつきあっていく方が案外スムーズにいったりする。全てにおいて、実はそうなのかもしれない。
[PR]
by minis_archie | 2010-05-22 13:23 | がんの具合