アーチにとって
「科学療法」と「自然療法」どちらがいいのか?

アーチの自己治癒力を信じて「自然療法」で頑張る!!と決めたものの、
仕事もできない状態になった。

医療体制のしっかりしてる科学療法でお世話になるべきなのか・・・。

・・・・・でも科学療法は効かなかった場合、ただの薬漬けになり、アーチの体力と私たちの体力(肉体&金銭面)の戦いになる。

科学療法の医師の説明ではまず単体の抗ガン剤治療を
週1回×8週間行う。
それで効けば良いが、その後効かない場合は
複数の抗ガン剤治療
週1回×24週 行う。

ちなみに1回の抗ガン剤治療に5万。その他入院費、薬代。

とても現実的でない感じがする。

自然治療の医師いわく
「アーチちゃんの場合、抗ガン剤治療を始めたら、「あと1年」と言われたようなものです」 ーとの事。

しかし、自然治療は驚くほどの驚異の回復を見せるかもしれないし、見せないかもしれない。

どちらの選択もやはり 「賭け」に違いない

「ゆっくり確実に」 自然治療でガンとうまくつきあい共存していこうと思っていたけれど
今、現実にトイレをする度に脱腸を繰り返している現状をどうにか打破しなければ・・。

主人と話し合っても素人の私たちでは堂々巡り。
自然治療と化学治療の両方を取り入れてる病院を色々探してみても、同じ自然治療でも若干違ったりして、納得する回答が得られない。

しかし、脱腸するたびに、病院に行っていたのでは私たちの体が持たない。
自然療法の先生に相談したくてもこの「ゴールデンウィーク」という病気の者にとっては最悪の連休にはさまれ、連絡がとれない。

とにかく入院をずっとさせておく訳にはいかない。こうしている間にもアーチの体をガンは蝕んでいってる。

アーチを退院させるべく、まず基盤をつくらなければ。

アーチが入院している高度救命病院は車で40分くらいのところにある為、やはりもう少し近くの病院を確保する必要があった。
元々通っていた病院に相談してみよう。
色々とやってくれたな・・という気持ちは正直残っているけれど、
(内視鏡検査の処置ミス、ステロイド剤の早期適用)
 アーチを小さい頃から知っていてくれる病院はアーチ自身も落ち着く。
薬の投与など医療行為ははしないでもらっても、もしもの場合の脱腸の処置などをお願いする場を確保する必要はあった。

そう、やはりアーチの自己治癒力に賭けて自然療法で私たちは頑張ろうとし始めていた。
それにはやはり科学療法で治療を行っている医師たちにも協力をして頂かなければ。

10年後なら違うのでしょう。でもまだまだ自然療法を取り入れてる病院は少ないのです。
特に神奈川は驚くほどに・・・。
[PR]
# by minis_archie | 2010-05-04 13:59 | がんの具合